中毒疹

中毒疹(ちゅうどくしん)は、特定の物質(薬物、食品、化学物質、ウイルスなど)に対するアレルギー反応や過敏反応として皮膚に発疹が現れる状態を指します。この状態は急性であり、通常は全身に広がることが多いです。

特徴

  1. 発疹: 赤い斑点や丘疹(小さな隆起した発疹)が現れ、かゆみを伴うことが多いです。
  2. 全身性: 発疹は全身に広がることが一般的です。
  3. 急性の発症: 特定の物質に曝露された後、数時間から数日以内に発症します。

原因

中毒疹の原因となる物質には以下が含まれます:

  • 薬物: 抗生物質(ペニシリンなど)、NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)、抗てんかん薬など。
  • 食品: 特定の食品(ナッツ、甲殻類、乳製品など)。
  • 化学物質: 洗剤、香水、化粧品などに含まれる成分。
  • その他: 植物、動物の毒素、環境アレルゲン、ウイルスなど。

診断

病歴や可能性のある物質を聞き取り、発疹の特徴を観察します。特定の原因物質を特定するために、パッチテストや血液検査が行われることもあります。

治療

中毒疹の治療には以下の方法があります:

  • 原因物質の除去: まず、原因となる物質の特定と除去が最優先です。
  • 抗ヒスタミン薬内服: かゆみや発疹を軽減するために使用されます。
  • ステロイド: 炎症を抑えるために、局所用ステロイドクリームや経口ステロイド薬が使用されることがあります。
  • 保湿剤: 皮膚の乾燥を防ぐために使用されます。

予防

  • 原因物質の回避: 過去に中毒疹を引き起こした物質を避けることが重要です。
  • アレルギー検査: 特定のアレルゲンに対するアレルギー検査を受け、リスクを把握することが推奨されます。
  • 医師の指導: 特定の薬物や食品に対するアレルギーがある場合、代替品を使用することが重要です。

中毒疹は通常、原因物質の除去と適切な治療によって改善されます。